FLOWは鹿児島でWebや印刷物のディレクション・制作を行うフリーランスディレクターです。

2016年のご挨拶

独立一年目っ!と勢い込んでいた2015年もあっという間に終わり、2016年の仕事始めとなりました。

昨年は多くの方にお世話になりまして、どうもありがとうございました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

と、思わず型通りの挨拶をしてしまいますが、今年はいつもより年末年始が慌ただしく過ぎ去ってしまい、本当に年があけたのか内心ではちょっと怪しんでいます。

2015年はフリーランス1年目ということもあり、「下っ端的な感じですごい辛い思いをするんだろうな」とか、「仕事できなくて怒られるんだろうな」とか、「仕事なくてヒマなんだろうな」とか、わりと素でネガティブな予想をしていました。

が。
実際に過ごしてみると、会社員の時と変わらず接していただけたり、お仕事をご紹介いただいたり、また仕事ではなくても楽しい事にお誘いいただいたりとかなり充実していました。
次から次に何かに出会っては、わーっと楽しんでいるうちに過ぎていく、アトラクションのような一年でした。
フリーランスってこんなに楽しくていいのかと若干不安になるほどですが、本当に、周囲の皆様のおかげです。ありがとうございます。

まだしばらくは昨年からのお仕事の続きが多いので、なかなか心機一転とまでは切り替わりませんが、今年はまた今までと違った動きをしていけたらと思っています。

昨年はどちらかと言うと、組織や自分のスキルから少し距離を起き、客観的な視点や立ち位置を楽しみ、整理する年でした。
今までの仕事のやり方と何が違っているのか、どう変えていくのか、何を取捨するか、そんなことを考えながら進めていくと、無駄や無理がなく、個人として楽な気持ちで仕事ができました。
また、フリーランスはある意味、お客様やチームにとっての「ヨソモノ」です。
前提に対してあえて口を挟むような、ヨソモノの特技を使えるのもフリーランスの面白さだなと感じる一年でした。

そんな昨年とは逆に、今年はチームや相手に近づく年になるような気がしています。
WEBも印刷も「作る」お仕事を頂きますが、作って終わりのつまらなさを最近特に感じるようになりました。
それはおそらく、お客様と親しくお話できるような案件が増えたからかもしれません。
やりたいことやなりたいイメージを具体的に伺えると、WEBや印刷物を作り終えることがゴールではないなと強く感じます。
また、フリーランスの立ち位置としても、どこにも属さないということは誰の味方にもなれるということかなとも思いますし、ヨソモノ的に見ていた物事に対して、お客様と同じ高さで同じ方向を向いて進んでいくような変化ができると、もうちょっと面白いんじゃないかなと思っています。

実際はどんな一年になるか予想もつきませんが、
今年もFLOWの屋号のもと、流れる水のように、変わり続ける一年でありたいと思います。
どうぞ、2016年もよろしくお願いいたします。

ご挨拶新年

Flow • 2016年1月4日


Previous Post

Next Post